出産大国フランス

「恋愛の国」というイメージの強いフランスですが、近年「出産大国」
との呼び声が高いのをご存知ですか?
1993年に1.6%だった出生率を回復させて、現在は人口維持に
必要と言われる2%台をキープしている、数少ない先進国なんです。

6d7ed85ef21f7d898dab6c4ce4e6901d

日本の「おかあさんにやさしい国ランキング」のランクが低いことは
別ページで書いた通りですが、フランスはママさんたちが子育てを
楽しめる環境が整っている国です。

例えば、働く女性が出産しようとした時に、日本では出産によって
降格処分を受ける企業が実在しますが、フランスでは産後も同じ
ポジションが法律で保障されています。
また、育児休暇も日本の1年に比べて3年間という長さなので、
一番大変な時期に充分子どもに時間をかけることが出来ます。

また、子どもが学校に通うようになってからは、夏休みが丸々
2ヵ月もありますが、それに合わせて5週間有給休暇を取ることが
出来るのです。
有給休暇を「権利」ではなく「義務」と考えるフランスでは、この
有給休暇の取得率は男女ともにほぼ100%なのだそうです。

そもそも仕事に関しても、フランスでは職場でも定時で帰ることが
当たり前なので、残業の必要もないし、ましてや子育て中の
女性が定時で帰るのに引け目を感じる必要がありません。
男性も早い時間に帰宅して、子育てに積極的に参加します。

日本の出生率の低さはずっと問題視されていますが、フランス
くらい社会全体が家庭を大切にする考えにシフトしないと
改善は難しそうですね。