育児休暇

日本でもここ最近やっと「イクメン」なんてものがもてはやされる
ようになりましたが、実際は育児休暇は女性でも取得できずに
会社を去る人がいる中、男性が取るなんてまだまだ一般的に
なりそうもありませんよね。

外国の育児休暇の取得率はイギリスが男女とも12%、ドイツは
男性が18%・女性81%、オランダでは男性18%・女性が40%、
スウェーデンはなんと男性78%・女性87%、ノルウェーでは驚きの
男性89%・女性94%だそうです。さすが北欧は違います。
ちなみに日本はというと、男性が1.8%・女性が87%です。

アメリカは育児休暇という制度自体が存在せず、3~6ヶ月の産休
の後、育児休暇や時短勤務などの制度がない代わりに、子どもの
検診や急病の時には有休を時間単位で取ることが可能。ママでも
パパでも遅刻や早退ができて、周囲の理解も高いので柔軟に
対応してもらえるそうです。

また、育休取得率の高いノルウェー、スウェーデン、ドイツでは、
父親が休める「パパクォーター」という制度があります。有給である
と同時に、ママに譲ることはできず、パパ自身が使わないと消滅
する制度なので、ほとんどのパパさんたちがこの制度で育休を
取っているんです。

日本でも本当はもっと育児に関わりたい男性は多くいますが、
国や社会の理解を高めないことには、なかなか現実的ではない
ですよね(;_:)